ひまわりの恋

もう恋をすることはないと思っていました。
彼に出会うまでは…

彼のために笑顔でいようと思う日々を残したいと思います✨

ごめんね…でも…

久しぶりの更新(^-^)


彼と最後に会ったのは2週間ちょっと前。

職場で会ったから、長くは話せなかったし、込み入った話も出来なかったけど、お互い笑顔で話せました(*^^*)


それからはたまにLINEをしていました。


で、先週…

友達と飲みに行ったんだけど、いい牡蠣が入ったよーと友達でそのお店の大将が言うので、彼の好きなカキフライにしてもらいました(*^▽^*)

彼いないけど…(笑)


で、数日前LINEした時にカキフライ食べたいって言ってたから、彼に写メと「カキフライ❤️」とだけ送りました。


数分後


「美味しそうー」

「飲みに行ってるの?」

「楽しんでねー」


と返事がありました。


「美味しいよー(*^^*)今度一緒に食べようね」

と送り返したら彼からの返事が…


「○○(お店の名前)かぁ…」

「飲みすぎないようにね」


だけ…


あら、一緒に食べようねはスルーされた?

ちょっと、いや、少し…いや、かなり…

ショック…(T_T)


今度はあそこのお店に行こうねって言ってたのは、ただの社交辞令的なやつだったのかなぁ…

もう彼とは飲みに行くこと出来ないのかなぁ…



その返事が来たのが、ちょうどカラオケにいるときで…

どうにもテンションが上がらない…

けど、友達に感ずかれないように、必死に歌いまくった(^^;

返事はせずにそのままにしときました。


家に帰ってから、さぁ寝ようとした時、彼からLINEが…。


「今日は無事に帰れたかな?


今度また飲みに行こうね。


おやすみなさい」


だってー(*≧∀≦*)

飲みに行ってくれるんだー!!!

わーい、わーい、わーーーーい(*≧∀≦*)

嬉しいよぉー!!!


で、返事。

「さっき無事に帰って来ました。今日は友達と一緒だったよ!飲みに行く、行く(*≧∀≦*)」


で、朝になり


「昨日は友達と一緒だったんだね!それがいいよ!」


と返事が来ました。


あらっ、もしかして心配してくれた?

そー言えば、夜中にLINEくれたのも彼が絶対寝てるであろう時間…


あぁー( ̄▽ ̄;)


最初に友達と一緒だよって伝えておけば良かった…

ごめんねぇー(T_T)

寝不足で仕事に行ったんじゃないかなぁ…

きっと、前回飲みに行った時に日本酒にやられてしまったことがあったから心配してくれたんだ…



んっ?

心配してくれた?

えっ?

ホントに?


嬉しいー!!!


そう気づいてから、素直に嬉しいことを彼に伝えたいと思い、LINEしちゃいました!!!


自惚れでもいい…

嬉しいから(*≧∀≦*)


心配かけといて言うことじゃないけど…(^^;


ごめんね…でも…



嬉しいよ❤️

ありがとうー❤️

父親

今日、彼から連絡がありました。


風邪をひいてるみたいです(>_<)


そんな時に「今から仕事だよね。頑張れ!」

って…


もう、なんなの?!


彼の身体が心配…

しんどいのに、私のことを思ってくれてる…

頑張れって言葉が嬉しすぎる…


ありがとう、ホントにありがとう!!!


今は会えなくても大丈夫だよ。


あなたの気持ちを感じられるから。


不思議な関係ではあるけど、やっぱり私はあなたが好きです。


けどね…


TVで、結婚式で花嫁さんがご両親に宛てた手紙を読んでたり、父親が息子の成長を涙ながらに見てる姿を見ると、彼は子供達に胸を張って「父親」としていられるのだろうか…

私の存在がそれを邪魔してるのではないかと思うことがある…


割りきれる人なら私もそこまで考えないかもしれない。

彼は嘘が嫌い。

それを知ってるから、余計に思ってしまう。


このまま好きでいていいのかな?


昨日、ブレスレットをはずしたのに。

やっぱりすぐにつけちゃいました。


大好きです。



彼の気持ちがどうなろうと、好きでいてもいいですか?

彼は嘘が嫌い。


息子くんが嘘をついた時、凄く怒った。


そして、怒りながら家族に嘘をついて私に会ってるということに罪悪感を感じた。


そんな彼が最後に言ったのは


「ひーちゃのことは大好きなんだよ。

バレて二度とひーちゃに会えなくなるのは本当に嫌だ。」


彼は嘘が嫌いだ。


だから、この言葉も嘘ではないと思う。


けどね、もう2ヶ月前の話。


あの言葉…気持ち…


変わってるのかな…


連絡くれるのが当たり前じゃない…

けど、今までこんな時は連絡くれたよねって時に何もないと気持ちを考えてしまう。



思わずブレスレット、はずしました。


自分でもわかりません。


本当に少し疲れたみたい…